いちごぱんつムービー

いちごぱんつが見た映画を紹介します

僕は、君のためにこそ死にに行く

石原慎太郎が制作総指揮・脚本を手がけた作品

第二次世界大戦末期、特攻隊基地のあった鹿児島県で特攻隊員たちに「母」と慕われてた女性の体験を映画にした作品。
特攻隊員として出撃する若者たちの心の葛藤や衝撃的な特攻シーンには言葉を失ってしまいます。
<ストーリー>
太平洋戦争末期、鹿児島県の知覧が特攻の基地となった。軍の指定である「富屋食堂」を切り盛りする「鳥濱トメ」は家族と離れて出撃を待つ若者たちの母のような存在。「若者たちに美味しいご飯を食べさせたい」と自分の大切な着物を手放してまで食材を用意し若者たちのために尽くしてきた。
そんな特攻隊員の若者たちが次から次へと飛びだって行く…
若者たちを引き止めることもできず、ただただ悲しい心で彼らを見送る日々。
「特攻隊員として飛び立つ=死にに行く」
そんな特攻隊員たちのいくつのも悲しいエピソードが描かれた作品です。
f:id:tarubomirubo:20180129105320j:plain
自分がこの時代に生まれていたら…そんなことばかり考えてしまいました。
私の知り合いの方にも特攻隊員で出撃したあと山に墜落し運良く生き残った方がいました。顔にはその時に出来た怪我の跡が生々しく残っていました。
本当は乗りたくもない特攻機に嫌でも乗らなきゃ行けない、死にたくないのに死にに行かなきゃいけない…

戦争映画ってただの「感動作」ではなく、こんな辛くて悲しい時代があったという事実を忘れてはいけないからこその作品だとつくづく思いました。
今、平和に過ごせていることへ有り難みを感じさせられました。

スポンサードリンク