美味しい・楽しいおすすめスポット

全国のオススメスポットや美味しいお店等をご紹介します。

伊豆 あわしまマリンパーク

旅行気分が満喫出来る

あわしまマリンパーク 

f:id:tarubomirubo:20170907100555j:plain

駐車場から3~5分くらい船に乗ってマリンパークまで行きます。

ほんの数分でも船に乗れることが子供たちには大興奮・大喜びでした。

 

マリンパーク内

水族館の展示自体はちょっと寂しい気がしましたが、アシカショーやペンギンが間近で見れるのは凄い!そしてなんといっても海の中で行うイルカショーが見もの。海と富士山をバックにイルカがジャンプするなんて、ここでしか見られない光景です。

 

カエル館

f:id:tarubomirubo:20170907100643j:plain

キモカワ・・・色々なカエルさんたちがいっぱいいます。

館内は真っ暗でペンライト片手にカエルさんを探しながら見ます。

某有名遊園地のモン◎ターズイ◎クのような、ちょっとしたアトラクション感覚が子供たちにはとのシイのかもしれません。

 

あわしま神社

f:id:tarubomirubo:20170907101026j:plain

「せっかくだから…」とお散歩気分で神社へ向けて上りだしたものの、道中はかなりハード。運動靴を履いていないと上れません。途中、階段になっていたり岩になっていたりしているのですが、とにかく勾配がきつかったです。

神社自体は小さくて地味なお社があるだけでしたが、山のてっぺんにあるので、「ここ、あわしまを見守っているんだな~」って感じがしました。

足腰に自信の無い方や小さなお子様にはキツイかもしれません。

また若者が一気に駆け上がっていく姿を見ましたが、途中でかなり息を切らして休憩をしていました。ゆっくり歩いていても結構きついので、急がず・慌てずてっぺんを目指す事をオススメします。

 

あわしま散歩

「せっかくだから…」とあわしまを1周散歩することにしました。

伊豆の澄み渡る透明度の高い綺麗な海を覗けば、お魚がいっぱい泳いでいるのがよく見えて、天然水族館のようでした。

 

マニアの聖地

 

f:id:tarubomirubo:20170907100735j:plain

若いお兄さんのグループや、1人旅の方が結構多く、気になっていたら…

「ラブ・サンシャイン」というアニメ?の聖地だったんです。

 

 

真夏はチョット暑いかもしれませんが、なんかとっても癒される場所でした。

水木しげるロード

鳥取県境港市

何度も行きたい「水木しげるロード」

f:id:tarubomirubo:20160905130329j:plain

水木しげるに描いた懐かしい妖怪のブロンズ像153体が街のアチラコチラに立っています。153体すべての妖怪と写真を撮るのもとても楽しいです。

また「妖怪スタンプラリー」があり、水木しげるロードに設置されている37個全てクリアすると完走証を発行してもらえます。

 

f:id:tarubomirubo:20160905130855j:plain

水木しげるロードにあるパン屋さんで販売されている「妖怪パン」

ぬりかべパンを食べてみた。

ふかふかなパンの中にバニラクリームが入っていてホットケーキのような程よい甘さで癒してくれるお味でした。子泣き爺パンはクリームチーズが入っており朝食にもピッタリ。

f:id:tarubomirubo:20160905131201j:plain

食べ歩きの定番「目玉おやじの目玉」

500円玉くらいの大きさでちょっとお高い感じもしますが、食べる前に色々楽しんでください(笑)

f:id:tarubomirubo:20160905131406j:plain

妖怪神社入口にある目玉。手でクルクル回してるだけでなんだかご利益がありそう。

f:id:tarubomirubo:20160905132051j:plain

大人も子供も楽しめる「水木しげる記念館」

ここには水木しげるの作品の数々がたくさん!

子供にはチョットした「お化け屋敷」感覚になれる場所も…

 

 

 

まだまだ紹介したいことはたくさんありますが、紹介しきれないくらい色々な楽しみ方があります。ぜひ一度は行ってみて楽しんでください。

 

 

ブルートレイン「たらぎ」

電車好きにはたまらないお宿

f:id:tarubomirubo:20160905124548j:plain

 

ここに設置されている車輛は「ブルートレイン」として愛され2009年に廃止された寝台特急「はやぶさ」(東京ー熊本)で使用されていたものだそうです。

f:id:tarubomirubo:20160905124608j:plain

食堂車はこんな感じ。

食事をしたり談話したりするスペースになっています。

f:id:tarubomirubo:20160905124725j:plain

電車旅の雰囲気を充分味わう為に2二段ベット(4人部屋)に宿泊。

寝心地は・・・

正直「良い」とは言えませんでした。

ベットの硬さは仕方がないですが、周りが静かすぎるせいか前を通る人の足音やヒソヒソ話しでさえ響くので、神経質な方には不向きです。

家族連れも多いので子供が朝早くから走り回ったりして起きてしまったり、また2段ベットの上から大人でも落ちてしまい、夜中にド~ンなんて大きな音で目を覚ましてしまうことも…

実際車輛が走っていればガタンゴトン…の音で気にならなかったのかもしれませんね。

 

合宿や団体利用にはとても楽しめるお宿だと思います。

 

近くにはコンビニや温泉施設もあります。

ゆっくり宿泊したい方には不向きかもしれませんが、子供には良い経験になります。

またツーリングなどライダーにはリーズナブルで良いかもしれません。

ラーメン金龍

九州地区ではお馴染み「博多 金龍」

f:id:tarubomirubo:20160905122637j:plain

「金龍」といえば漫画本。

例えて言うなら漫画喫茶のような感じの「漫画ラーメン店」。ちょっとお行儀がわるいような感じがありますがおひとり様にはたまらない空間。

f:id:tarubomirubo:20160905123001j:plain

スタンダードな豚骨ラーメン。

関東の人には、まったりとした感があるかもしれませんがクセもなく美味しいです。

f:id:tarubomirubo:20160905123419j:plain

紅しょうが・高菜・ニンニクなどはセルフでお好みにトッピングできます。

 

おひとり様でもカップルでも、ご家族でも是非一度食べてみてください。

 

 

 

 

 

スポンサードリンク